即ナンパの学習

即ナンパに絶対必要なスキル ハンドテスト 即成功率を上げるやり方

▼この記事と同じ内容を動画で解説▼

ストリートナンパでなかなか即を達成できない方へ。

即ナンパにおいて絶対必要な「ハンドテスト」のスキルを解説します。手を握るという単純な行為ですが、やり方ひとつでナンパの成功を左右するものであり、ハンドテストの不要なナンパはありません。

この記事は、週末のナンパだけで100人を抱いた僕が書いています。一般的には語られていないハンドテストの役割やテクニックを解説していきますね。

ハンドテストとは(一般論)


よくよく考えて見るとこれまでナンパでハンドテストをしなかった例は一度もありません。当たり前すぎてこれまでスキルとしてみなさんに解説することを忘れていました笑
ただ、このハンドテストはナンパにおいて絶対必要なスキルとなるので、それだけ奥が深いものになっています。
ハンドテストとはナンパ用語にもなっていて
「女の子の手を握ってみて、その反応で相手が自分にどれだけ好意を持っているか確認するテスト」のことです。

ストナン即達成率アップにつながる「ナンパ用語」を厳選紹介します!ナンパの即達成率を上げるための「ナンパ用語」を知りたいですか?この記事では、週末ナンパだけで約100人を抱いた僕が、ナンパ成功率を上げるのに役立つ用語とその解説をしていきます。即ナンパ成功率を高めたいといという方は必見です。...

大雑把にストナンでいえば

・何も抵抗せず、ぎゅっと握り返してくれた→ホテルに誘ってOK
・抵抗はされなかったが、握り返してはくれなかった→ホテルに誘うにはもう少し距離を詰める必要あり
・振りほどかれてしまった→完全に脈なし、諦めて他の女の子をナンパしよう

というような判断をするために行っています。

なめくじ
なめくじ
それにしてもハンドテストっていう名前がダサいね笑

なめくじ流 即ナンパにおけるハンドテスト

解説したように、ハンドテストは「相手の反応を確かめるために手を繋ぐ」ものとして語られていますが、なめくじ流の即ナンパ術ではさらにこれを進化させて使っています。
「手を繋ぐ」という行為に、相手の反応をみるための計測器としての役割を持たすだけでなく、

・ポジションの明確化
・モードシフト

という二つの役割を与え、即の成功率をアップさせるために利用するのです。そのため、ハンドテストのやり方も他のサイト等で紹介しているものとは若干異なってきます。それではこの2つの役割を詳しく解説しますね。

ポジションの明確化

改めてになりますが、僕がストナンをしている理由は単純です。女の子と付き合いたいわけでも、お酒をのみたいわけでもなく、ホテルに行くことが目的です。ただ意外にも「あなたが可愛い。今すぐにホテルにいきたい」という趣旨(自分のポジション)を相手にちゃんと伝えるのって難しいんです。直接言葉にしてしまうと、女の子は軽く見られたくないという感情があるのでまず断られてしまいます。かといってそこを曖昧にしてしまうと女の子としては「この人は何がしたいんだろ?彼女にしたいってこと?それとも暇つぶしでカラオケとか?何がしたいんだか分かんないし私もどう反応していいか困る!めんどい!」となってしまいます。
この辺りの問題を全て一瞬で解決してくれるのがハンドテストです。出会ったその日に手を握られれば、女の子としては「ああこの人はホテル行きたいんだな、けっこう遊んでそうだな」と理解します。遊んでそうって思われていいんですかって質問が来そうですが、いいんです笑 あくまでその日限りの即ホテルが目的です。で、ついてきてくれる女の子であれば向こうもそれを望んでいます。口に出して「ホテルにいこう」というと、軽く見られたくない感情が発動してしまいますが、ハンドテストには言葉が不要なためその心配はありません。

モードシフト

ポジションの明確化をすれば、女の子は「異性に抱かれること」を意識するので一気に空気が変わります。例えば明るくて口数の多いタイプの女の子が急におとなしくなったり、元々ある程度好意を抱いてくれていた場合はちょっと身を委ねてきてくれたりします。この時点で、この後「居酒屋」や「カラオケ」にいくという邪魔な選択肢を完全に除外することができ、「ホテルに行くか行かないか」のモードに持ち込むことが可能です。

なめくじ
なめくじ
テストというよりも積極的な武器として使っていくイメージだよ!
たにし
たにし
ただ手を握るだけなのに奥が深い…

ハンドテストのテクニック

たにし
たにし
ハンドテストの役割は理解できたよ!
なめくじ
なめくじ
じゃあ次は実際のやり方を紹介するね!

タイミングは信頼関係を築く前!

常識で考えれば、手を繋ぐという行為は相手との信頼関係を築いてから行うものです。ただしストナンで即を狙うのであれば、上で説明した「ポジションの明確化」を目的としているので、「さすがにちょっとはやいかな…」というタイミングで早々とやってしまうのです笑 一般社会でこれをやったら完全にやばい人ですが、「そもそもがナンパ」という共通認識があるためそこは許されます。「あ、この人かなり遊んでるな」くらい思われれば、次の展開に誘いやすくなります。 いい人と思われようとしちゃだめですよ!笑

フレーズ

無言一択です!「あなたとホテルにいきたい」という趣旨を言葉に出さず女の子に伝えることに価値があるのです。たとえば「可愛いからつい握っちゃった」という一言でも、少し邪魔になります。ポイントは、女の子に「ホテルに行くか行かないか」だけを意識させることです。

たにし
たにし
言葉はいらないんだね。
なめくじ
なめくじ
その通り!手を握るという行為が全てを語ってくれるんだ!

まとめ

即ナンパにおけるハンドテストの役割
・女の子の反応をみる計測器
・ポジションの明確化
・「ホテル」を意識したモードへの移行
即ナンパにおけるハンドテストのテクニック
・信頼関係を築く前に仕掛けてしまう
・言葉は不要

なめくじ
なめくじ
タイミングがバッチリハマれば即の成功率がグッとあがるよ!とにかく実践で経験を積もう!
即ナンパの全てです

最後に宣伝で恐縮です😌
こちらは僕が書いている有料noteでして、女の子との「即」に直結する内容となっています。
「最初の1人目」から、即の量産まで全てをサポートします😌
ナンパやめられなくなります。