即ナンパの学習

ナンパの地蔵(びびって声かけできない)を克服する

▼講義動画版はこちら▼
(すみません、今回ネタ動画です)

ナンパ初心者
ナンパ初心者
ナンパを始めようと決意して街に出てみたのですが、いざ女の子に声をかけようとすると気持ちが萎えてしまいます。いわゆる地蔵状態です。この状態から抜け出すにはどうしたらいいでしょうか?

今回はこういった疑問に答えます。

本記事の信頼性

なめくじ(@H_namekuji

この記事を書いている僕は、週末だけナンパ活動をしています。 ストリートもネットも「即」しか狙わず、もうすぐ200人斬りを達成します。

本記事は、ナンパを始めたいけどどうしても声かけができない初心者の方に向けて書きました。ナンパ地蔵は誰しも経験することだとは思いますが、ここで挫折することだけは避けて欲しいと思います。ナンパで女の子を抱くためにもぜひチェックしてください。

ナンパの地蔵を克服する

ナンパ地蔵はすぐ克服できる場合と、ある程度時間をかけてすこしずつ克服できるケースがあります。

とはいえナンパ地蔵の根本的な原因は共通しています。

僕の場合はナンパを始めようと決意してから、3.4回目の出撃でやっと地蔵を克服することが出来ました。1度克服すればナンパ地蔵の呪縛は簡単にとけるのが特徴です。

今回はナンパ地蔵を克服する方法について解説します。

最初は地蔵になって当たり前

ナンパを始めよう!と勇気を出して決意しても、いざ街に出撃してみると声かけが出来ないものです。おそらくほとんどの方が地蔵状態を経験することになると思います。僕もかつてはそうでした。むしろ最初は地蔵になって当たり前ですので安心してください。

僕が地蔵だった時、こんなことを考えていました。

・無視されちゃうんじゃないか…
・女の子の前でキョドってしまいそう…
・失敗してるところを近くの人に見られてバカにされそう…
・ナンパをしてしまうと社会のゴミになるのでは…
・なんか孤独で空気もヒンヤリ…今日は様子見にするか…

といった感じです。いま地蔵状態に悩んでいる方もだいたい同じようなことを考えているのではないでしょうか。

ナンパをしたことがない人からすると、「やろうと思えばいくらでも声かけできるっしょ!」と感じるかも知れませんが、いざ実際に実行しようとした場合には精神的なハードルがけっこう高いです。

むしろこういった要因があるからこそ、ナンパをしている人って少ないのだと思います。街でよく見かけるナンパ師たちは少なくともこの精神的なハードルをクリアしているということですので、それだけでもすごいっちゃすごいですよね。

地蔵の原因は結局マインドです

さきほど僕が地蔵だった時に考えていたことを見ていただければ分かる通り、地蔵になってしまう原因は結局はマインドの問題です。

そのため考え方さえ変えることが出来れば地蔵の根本的な原因は排除できることになります。いくつか具体的に紹介します。

・無視されちゃうんじゃないか…
→シカトされたり、冷たい目で見られるのが当たり前。むしろ断られたときに「ごめんね、ありがとね!」などといかに好印象を与えるかが重要。

・女の子の前でキョドってしまいそう…
→ナンパに慣れていてもキョドるのは意外と普通のこと。キョドる=失敗ではなくて、むしろ慣れすぎてないところが成功要因になる場合もある。

・失敗してるところを近くの人に見られてバカにされそう…
→ぶっちゃけ誰も気にしていない。今からナンパに失敗してみようと思うので、ちょっと見ていてください!くらいの気持ちで。

・ナンパをしてしまうと社会のゴミになるのでは…
・なんか孤独で空気もヒンヤリ…今日は様子見にするか…
→このようになんだかんだ理由をつけてナンパを始めない人が多いため、ナンパ師が何人もの女の子食べまくるというおいしい思いをしている。そっち側の人間になった時のことをを想像する。

こんな感じです。上記のような思考が自然に身につけば、地蔵状態は簡単に克服できます。ナンパは技術が必要なものではなく、精神的ハードルがちょっと高いだけのものだからです。

地蔵を克服する対症療法

とはいえマインド・思考を変えるのはちょっと時間もかかりますので、具体的に地蔵を克服する対症療法を3つ紹介したいと思います。こちらを実践しつつ、じっくりマインドを変えていくことが出来れば、地蔵という問題に悩むことはまずなくなります。

対症療法①
成功事例を見る
→重要なのはナンパに成功するイメージを掴むことですので、下手にナンパノウハウだけを集めるよりも成功事例を見た方が良い結果に繋がるものです。当サイト「なめくじナンパ 即ブログ」ではストリートナンパの成功事例を紹介しています。また、僕のYouTube「なめくじナンパ 即チャンネル」では、実際のナンパ音声も公開しているお持ち帰りチャレンジ動画もあるのでぜひ参考にしてください。

対症療法②
アルコールに頼る
→どうしても勇気が出ない時は公園で缶ビール飲んでエンジンを入れるのも1つの手法として全然アリです。ただし、明らかに酔っ払い状態で声かけすると「酔っ払いに絡まれた」と認識されナンパが成立しないどころか警察沙汰になる可能性もあるので注意してください。

対症療法③
ナンパコンサルを試す
→最終手段としてコンサルに頼むのも1つの方法です。ナンパのブログやTwitterなどで受講生を募集しているナンパ師は多いです。ただし、コンサル費用が高額だったり、実績に偽りがある可能性もあります。地蔵を克服するだけならコンサル始めたての、低予算でコンサルを受け付けている人を選んだ方がいいです。

最後に:女の子を抱けない人生

というわけで、今回はナンパ地蔵を克服する方法について解説しました。

ぶっちゃけ僕にとってはナンパ地蔵を克服する方が増えるとライバルが増えるだけなのでデメリットしかないのですが、それでも「女の子を十分に抱けない人生はあまりにも悲惨だな…」と思ってしまうのでこのような記事を書きました。この記事を読んで「おかげで女の子を抱けました」という方が一人でも増えたら幸いです。

即ナンパの全てです

最後に宣伝で恐縮です😌
こちらは僕が書いている有料noteでして、女の子との「即」に直結する内容となっています。
「最初の1人目」から、即の量産まで全てをサポートします😌
ナンパやめられなくなります。