ナンパレポート

ストリートナンパ 成功の具体例 アイドル系女子大生とHした話!

こんにちは、なめくじです。

このブログでは、実際にストリートナンパに成功した具体例やその振り返りも紹介しています。

今回はその第3弾です。

普段、昼間からストナンすることは成功率が低いのと、悪目立ちするので避けていますが、ちょっと例外的に真昼間から渋谷でナンパして即ることができました。

ナンパしたときの状況や、会話のやりとりなどをできるだけ詳しく紹介します。

ぜひストリートナンパに役立ててください。

今回エッチした女の子

あすなちゃん(仮称)
年齢:20
職業:女子大生
可愛さ:
スタイル:
ちょっとメンヘラ要素はいったアイドル系ファッションがそそる女子大生。

ナンパした日の状況

場所:渋谷駅周辺
時期:5月
天気:晴
気温:21℃
ナンパの開始時間:16:00
捕まえた時間:17:30
ナンパにかかった時間:1時間30分
声かけした人数:5人目
ホテル:ホテルクレア

普段は絶対にしない平日昼間の渋谷でのストナン。たまたま会社を午前で上がれたのでたまらず出撃してしまいました。やっぱりやりにくかったですね、目立つので周囲に気を配りながらストナンしてたら1時間半経っても声かけできたのたったの5人でした・・・
そんななかスクランブル交差点で信号待ちの全身白コーデアイドル系女子を発見!さっそく声かけしました。
・・・以下実際の会話のやりとりです

「ねえ、今暇~?」
「え、何されてるんですか」
「いやめっちゃ可愛いなと思って!買い物?」
「今日ライブです」
「え、何時から?」
「7時ですね」
「じゃああと一時間半くらいか、めっちゃちょうどいいね!それまで遊ぼうよ」
「ちょうどいいっちゃいいですね笑 その前にマスク買ってもいいですか」
「どこでマスク買う?」
「マツキヨあります」

話してて「あ、この子やれる」って思いました笑 信号変わって一緒に歩き出すときには手つないで歩いてましたからね、出会って1分経ってないです。
それにしても女の子ってマツキヨでマスク買うだけで時間かかりすぎ・・・エッチの時間が短くなっちゃうよ〜なんて思いながら待ってました。
マツキヨでてからも、「ホテルいこう」とは言ってないけど自然とホテルに向かってました。「ここでいい?」と聞くと「汚くなければどこでもいいですよ笑」とノリの良さも◎ ホテルの入り口で「わたし、今日刺されて死んじゃうのかな笑」とか言ってました。
ホテルではあまり時間もなかったのでそそくさとキスからエッチに移行!エッチ後は「妊娠したら死のう」とか「責任持って結婚して」とか、冗談交じりだったけどメンヘラみたいなこと言ってました。結局ライブの時間をなんだかんだすぎてしまって、急いでホテルをでてその場で解散しました。

ナンパの振り返り

超可愛かったしかなりのラッキー案件でしたね!声かけしてからホテル入るまで、10分くらいです。「昨日大学の男友達にご飯誘われて、行ったらホテル連れてかれてエッチしちゃった」とか「渋谷でスカウトの人とエッチしたことある」とか平気で言ってますからね。誰とでもエッチするの?って聞いたら、「だって友達少ないから・・・」って言ってました。ちょっとメンヘラはいってましたね。
実はこれに味をしめて、後日何度か平日昼間の渋谷に出撃しましたが全然だめでした・・・やっぱり平日の昼間ってかなり難易度高いですね。でもたまーにこういうミラクルも起きるんですね。

なめくじ
なめくじ
今回はラッキーだったけど、さすがに平日昼間のストナンは効率が悪い気がするな・・・
即ナンパの全てです

最後に宣伝で恐縮です😌
こちらは僕が書いている有料noteでして、女の子との「即」に直結する内容となっています。
「最初の1人目」から、即の量産まで全てをサポートします😌
ナンパやめられなくなります。